KCP沿革
2017/7/27


NPO法人かわさき創造プロジェクトの沿革

 2004年
5月 川崎市が「第1回川崎市シニア地域創造ワ ークショップ」に約40人が応募
 2005年
7月 IT関係メンバーが中心となり、任意団体 かわさき創造プロジェクト 設立、会員数28名
代表理事に上嶋 正義 就任シニア向けパソコン教室、地域情報受発信事業、
小学校のパソコン学習支援やわくわくプラザの活動支援、
個人のスキルを互いに活かすための活動、商店街の活動活性化、
編み物教室や茶道教室などの開催などの諸活動を立ち上げ。
 2006年
1月 NPO法人設立総会開催
3月 第4回かわさき市民自治推進フォーラム/ かわさき元気メッセに初参加
4月 拠点を中野島新多摩川ハイム内に確保
6月 NPO法人としての第1回通常総会を開催
8月 臨時総会を開催
 2007年
3月 第4回かわさき市民自治推進フォーラム
4月 第2回通常総会、会員数/32名、定款を補う運用細則制定
 2008年
3月 第5回かわさき市民自治推進フォーラム
4月 第3回通常総会、会員数/40名
10月 高津市民活動フェア
11月 かわさきボランティア・市民活動フェア
 2009年
4月 第4回通常総会、代表理事に大下勝巳就任 定款改定議決
  実施事業
   シニアリポーター事業(川崎市自治制作部との協働事業)
   パソコン学習支援事業
   シニアパワーアップ事業(川崎市長寿社会部との協働事業)
   母子福祉センター支援事業
   小学校のパソコン学習支援事業
   ゆうゆうサロン事業
10月 高津市民活動見本市
   シニアパワーアップ事業の中で、シニアライフ講演会開催
   (第1部;講演;さわやか福祉財団堀田努氏、第2部;NPO法人・シニア関連団体との情報交流)
 2010年
3月 第6回かわさき市民自治推進フォーラム
4月 第5回通常総会、会員数/48名(正会員/32名、準会員/16名)
10月 高津市民活動見本市
11月 かわさきボランティア・市民活動フェア
 2011年
4月 第6回通常総会、
6月 高津区民活動見本市参加
10月 当法人パンフレット作成
 2012年
1月 かわさきボランティア・市民活動フェア/PCなんでも相談室
4月 第7回通常総会、会員総数59人(正会員;45人、準会員;14人)
    定款改定/目的に教育支援活動を追加、法改正に伴う改訂実施
6月 高津区民活動見本市参加
6月 臨時総会開催、定款に事業の種類を追加(通常総会での変更を補足)
10月 高津区、多摩区の区民活動運営委員会へ参加
11月 学校施設有効活用事業/中野島小学校におけるモデル事業(教育委員会からの委託)開始
 2013年
1月 かわさきボランティア・市民活動フェア/PCなんでも相談室
4月 第8回通常総会、会員総数64人(正会員;49人、準会員;15人)
6月 高津区民活動見本市に出展、「パソコンなんでも相談室」開設
8月 HPを簡易CSM方式に改め、編集作業を分担できるようにした。
 2014年
4月 第9回通常総会開催(大山街道ふるさと館)(会員数71人、正会員55人、準会員16人)
役員の任期を1年から2年に、定款変更
地域情報受発信事業(かわぽ事業)は、助成金を得て自主事業としてスタート。
8月 パンフレットを新たに作成
 2015年
1月 「ごえん楽市」にパネル展示で出展
3月 ゆうゆうサロン事業が終了
4月 第10回通常総会開催(てくのかわさき)(会員数72人、正会員61人、準会員11人)
6月 10年目の節目を迎え、「10年目委員会」を立ち上げ
 2016年
1月 「ごえん楽市」にパネル展示で出展
3月 中野島小学校における「学校施設有効活用事業」が終了
4月 第11回通常総会開催(大山街道ふるさと館)(会員数80人、正会員70人、準会員10人)
実施事業は、川崎シニアポータル「かわぽ」事業、シニア向けパソコン学習支援事業、シニアパワーアップ事業、小学校のパソコン学習支援事業、地域の寺子屋事業の6事業。
 2017年
1月 「ごえん楽市」にパネル展示と「パソコンなんでも相談室」で参加
3月 川崎シニアポータル「かわぽ」事業に対する3年間の助成金が終了
4月 第12回通常総会開催(大山街道ふるさと館)(会員数79人、正会員71人、準会員8人)
代表に栗田理事、副代表に石渡理事が就任。

内容の説明

KCPのご紹介