中野島小学校「遊びと学びの寺子屋」事業
2019/11/20


遊びと学びの寺子屋 ~多摩区中野島小学校~

子どもたちに様々な学習機会を提供し、学力の向上・豊かな人間性を育むために、地域ぐるみで子どもの教育・学習をサポートする「遊びと学びの寺子屋」を開いています。
シニア世代をはじめとする地域人材の知識と経験を活かして、多世代で学ぶ生涯学習の拠点をつくり、地域教育力の向上をめざします。
金曜日の放課後に開く「学習支援教室」では勉強することの楽しさを体験し、学習意欲の向上を図り、学びの習慣化を支援します。
月1回の「体験学習・世代間交流」では科学実験や料理教室、昔遊びなどを通して地域のいろいろな方と出会い、交流し、地域の一員としての意識を育みます。

  平成29年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰を受けました。

 ★リンク先: 川崎市教育委員会『地域の寺子屋事業』


(1)学習支援教室 


  ・金曜日放課後に開催 低学年(1~2年生)、高学年(3~6年生)

 ◆《学習支援教室 低学年クラス》


 ◆《学習支援教室 高学年クラス》


 ◆ 各教室では、「マジック」などの使った学習も行われています



(2)体験学習・世代間交流 ”どきどきわくわくなかのしま”


  ・以下の企画の様な、さまざまな学習・交流を行っています。
  ・毎月1回土曜日に開催

 ◆ 体験学習・世代間交流 「親子で料理教室に参加」


 ◆ 体験学習・世代間交流 「親子で科学実験教室」



内容の説明

各事業紹介/地域情報受発信に関する事業、シニアの社会参加支援事業、教育支援活動事業、交流会