平成27年度シニアパソコン教室がスタートしました
2015/09/20


9月14日(月)に「平成27年度シニアパソコン教室基礎講座 (川崎市立看護短期大学)」が開講し、17日(木)には(大山街道ふるさと館)が開講しました。
この講座は、川崎市健康福祉局と当法人による協働事業「シニアパワーアップ事業」における3つの事業の中の一つです。この講座は12回で、年内に完了予定です。
この講座ではパソコンの基礎を習得し、インターネットやメールが使えるようになるための準備をすることです。次のステップでは、それらを使い受講者同士の仲間づくりや交流を目指しています。
開始に当たり、それぞれの教室では、健康福祉局長寿社会部・高齢者在宅サービス課担当者から本教室の目的を含む挨拶、続いて、当法人の紹介、講師および4人のサポーターの自己紹介がありました。

この日は、看護短大では受講者24名、ふるさと館では受講者27名全員が参加。みなさんの真剣なまなざしから、学習意欲が伝わってきました。
今後、同世代の講師とサポーターが、丁寧にサポートし、じっくり進めるという当法人の流儀でフォローしていきます。
パソコンを持っていない参加者には、当法人のWin8.1貸出機を使っていただくことになっています。

川崎市立看護短期大学にて


大山街道ふるさと館にて

内容の説明