「平成28年度シニア傾聴講座」終了報告
2016/12/06


 シニアパワーアップ事業 「平成28年度シニア傾聴講座」 全7回(含施設体験実習)の講座が11月25日で終了しました。最後に、長寿社会部担当者より受講者22名(当日欠席1名)に、「講座修了証」が手渡されました。

・開催場所 : テクノかわさき 高津区溝口1-6-10
・期  間 : 10月14日(金)~11月25日(金) 13:30~16:30 (全7回)
・講座概要 : 臨床心理士を講師に傾聴の基本を学び、施設体験実習を通じて地域の傾聴活動へ
        の参加を支援するプログラム。
・参 加 者: 22名 (男性:4名 女性:18名)
       (年代:40~50代:4名、60代:12名、70代:6名)

 当講座は、募集案内が「市政だより」に掲載不可となったにもかかわらず、関係者の努力で、定員の20名を超える参加を得てスタートしました。
 稲冨正治・池見麻里子両講師の講義は、終了後のアンケートで全員が「満足またはほぼ満足」と回答していました。施設体験実習は、特別養護老人ホーム3施設の協力のもと実施、有意義な体験だったとの声が多数でした。
また、今後の地域活動への橋渡しということで、川崎市内で傾聴活動をしている5団体から、実際の活動紹介を行ってもらいました。

 「今後この講座の成果をどう生かしたいか」のアンケートには、傾聴グループに参加したい、地域活動にいかしたい、もっと傾聴を学習したいなどの回答がありました。また、少数ではありますが、自分は傾聴には向いていないという正直な感想もありました。


内容の説明